中小企業の皆様の労務管理、給与計算、就業規則の作成、役所への許認可申請
労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険の手続きをお手伝いさせて頂きます。
人事労務でお悩みのときはお気軽にご相談下さい。  所長 伊藤 淑子        お気軽にご連絡ください 受付時間 9:00〜17:30
TEL:0779-65-7453
HOME > 業務案内 > 建設業許可申請

建設業許可申請

◇建設業許可とは

建設業を営もうとする方は、個人・法人・元請・下請を問わず、28種類の建設業の業種毎に、所在地を所管する知事か、国土交通大臣の許可を受けなければなりません。軽微な工事のみ請け負う方は許可が必要ありませんが、公共工事の入札参加を目指すためには許可は必項です。

許可が必要な工事

[建築一式工事]
工事1件の請負代金が1,500万円以上の工事、又は延べ面積が150u以上の木造住宅工事を請け負う場合

[建築一式工事以外の工事]
工事1件の請負代金が500万円以上の場合

許可を得るための要件

  • 〇 経営業務の管理責任者がいること
  • 〇 専任の技術者(国家資格保有者、実務経験者)が営業所毎に常勤していること
  • 〇 500万円以上の自己資本、もしくは財産や金銭的信用があること
  • 〇 単独の事務所を有すること

許可をとるメリット

  • 〇 1件あたり500万円以上の工事を請け負うことができる
  • 〇 公共工事の入札に必要な経営事項審査を受けることができる
  • 〇 元請業者などの取引先や金融機関への信頼度が向上する

建設業許可の取得後、毎年、決算変更届を決算終了後4ヵ月以内に提出する必要があります。許可の有効期間は5年であり、決算変更届の提出がない場合、許可の更新の際にさかのぼって提出することになります。

許可の更新手続きは、許可の有効期間の満了日の30日前までに行わなければなりません。もし更新の手続きを行わずに許可期間を過ぎると、新規申請と同じ扱いとなり、また最初から手続きしなければなりません。


問い合わせ

▲pagetop